保証の有無が料金を左右します

仕事

iphoneの修理をする場合、気になるのは料金ではないでしょうか。iphone自体が高額なので、修理をする場合にも、それなりにお金がかかります。故障の具合によっては新品を購入出来るほど料金が嵩む場合もあるので、修理後に後悔することがない様、しっかりと確認しておくことが欠かせません。料金面を左右する1番の要素と言えば、保証の有無が挙げられます。iphone本体には、製品購入から1年間の保証が付いており、購入時に保証を延長することも可能になっています。保証を利用することが出来れば、修理代を半額以下に抑えることも可能になるので、修理を依頼する前に保証の有無を確認することはとても大切です。また、本体に付いている保証だけでなく、契約している電話会社の端末サービスや家電量販店などの保証サービスについても確認しておきましょう。加入していれば、iphone本体の保証が切れていても、それらを利用出来る可能性があります。契約状況などを見直し、利用出来るものがないか調べることが大切になります。尚、保証を利用する際は、決められた手順に沿う様に求められたり、利用店舗が限られたりすることも少なくありません。せっかく保証があっても使えなければ意味がないので、よく確認した上で利用する様にしましょう。

事前準備が大切です

修理

iphoneを修理に出す際は、早く依頼すれば、早く返ってくると焦ってしまうことも多くなりますが、落ち着いて準備を進めることが欠かせません。その際、考えておくべき点と言えば、修理期間とデータのバックアップについてです。どれくらいの日数が必要となるのかは、故障の具合や店の混み具合によって決まります。修理工程が複雑な場合や部品の取り寄せが必要になる場合には、当然、かかる時間も長くなります。また、店が混んでいる場合には順番待ちとなることも考えられます。人によっては代替機の手配が必要となることもあるでしょうから、日程についてはしっかりと確認しておくことが大切です。また、修理の仕方によっては、データが初期化されてしまう場合もあります。一旦、初期化されてしまうと、保存されていたデータはなくなってしまいますし、設定なども無効になってしまいます。取り戻すことは出来ませんので注意が必要です。故障していても電源が入る場合には、バックアップを取っておきましょう。また、iphone以外の端末から、IDなどの確認をしておくことも欠かせません。修理期間中を快適に過ごし、返却後のiphoneを問題なく利用するためにも、事前の準備はしっかりと行うことが大切です。